スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュレーションがTCG自体に与える影響について(その2)

今年の夏にブシロードさんが統一レギュレーション(ブシロードTCG応用フロアルール)を発行しました。

シャカパチ禁止の部分ばかり認知されていたりしますが大会レギュレーション部分で大きな変更がありました。

スイスドローに於ける順位の算出について(以下応用フロアルールより抜粋)

獲得点数が同点の場合は以下に挙げる方法によって順位が決定されます。
1. 時間切れ判定の試合数による比較
2. 相手のマッチ勝率の平均による比較
3. 直接対決の勝敗
4. ランダムな方法による勝敗の決定または決定戦

「時間切れ判定の試合数による比較」というのが大きな変更点です。わかりやすく言い換えると、
「時間切れ優勢勝ちを狙って勝っているプレイヤーは同一得点では順位が下になるよ。オポよりも優先だからね!」ということです。

大会参加されているユーザーさんがどこまで意識されているかなのですが、時間切れ優勢勝ちを狙うデッキやプレイングをしている場合、大会上位に入れないということを意味します。勝っても負けてもスッキリ試合を終わらせてね。引分は推奨できませんよ。とレギュレーションでユーザーに警笛を鳴らしているわけです。

とても強い意志を感じます。
新規ユーザー層にも良い影響(TCGへの定着)が期待できるのではないでしょうか?

ユーザーに浸透すればするほど、試合時間の短縮、時間切れ対戦の減少が期待できるかと思います。

ブシロードさんの取り扱うTCGすべてに適用なので各TCGによる特性などを考えるとざっくりしすぎている感もあったっりしますが、モンコレなどはそもそも引分でもらえる得点が少なかったりしますので、ユーザーに与える影響も少ないと思いますし、全体として「わかりやすさ」が前面に出ていると思います。

ライフやポイント差での時間切れ優勢勝ち・負けがあるTCGにおいてはブシロードさんのTCGに限らず、「時間切れ判定の試合数による比較」というレギュレーションは取り入れられる可能性のあるレギュレーションだと思いました。あとはまだまだ一般的ではない(時間切れの回数という管理項目が増える)レギュレーションなので、店舗さんの認知度や慣れ次第かな?とも思います。

ブシロードさんの例をあげましたが、
GWNであれば「知り合いと当ってもIDせずに対戦を純粋に楽しんでね!」
PMであれば、「不戦勝になってしまっても不利にならないよう配慮しますよ!楽しんでくださいね!」
FFTCGであれば「数敗してもまだ全国大会進出のチャンスがありますよ!最後まで対戦を楽しんでいってくださいね!」
といったような各メーカーさんのそのTCGに対する思いがレギュレーションには詰められていると自分は思っています。

以下は妄想レベルの話ですが・・・
もし自分が新しいTCGを作成することになったとしたら、ゲームの根幹となるシステム構築時に一緒に大会レギュレーション(店舗大会の場合と全国大会のような公式大会の場合の2つ)を考えます。店舗向けには、「一般的なオポ計算で大会進行してもらってもいいですが、このレギュレーションで大会を行ってもらえばこのTCGは最大限の魅力が引き出されます!」ということを自信を持って発信・推奨できるぐらい初めから練りこんでおかないと駄目なんじゃないかなと。ユーザーにとってみれば対戦後に勝っても負けても不完全燃焼感が出にくく店舗にとってみれば管理しやすくトラブルが少なくわかりやすい。夢のようなことを書いていますが、すべてうまくいかないかもしれませんがそれぐらいのことは考えて作らないといけないのかなと。後は、後々のカードデザインでそのレギュレーションを壊したりしないよう最低限の注意を払い続けることなのかなと。(引分がなかったレギュレーションなのにカードデザインミスで引分ケース発生…等)

以上妄想でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ぽんたです。TCGに関するマニアックな内容になりますが読んでってください~

ぽんた

Author:ぽんた
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。