スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュレーションがTCG自体に与える影響について

久々の更新です。

レギュレーションがTCGに与える影響について考えてみたいと思います。

いろいろなTCGのレギュレーションを考えたりすることが増えてきたのですがレギュレーションの与える影響は重要だなとあらためて思っています。

一番重要なのはカードゲームの仕組み自体の部分だとは思うのですがレギュレーションの設定次第では対戦時間やデッキ構築、プレイングまで影響を与えることができます。

いくつか具体例を上げてみます。

ガンダムウォーネグザで言えば最近の大会では全回戦3回戦ではなく1~3回戦は1本制という方式になりました。サイドボードを充実させて1本目は落としても確実に残りの2本を拾いに行くタイプのデッキよりも1本勝負でどのデッキにも勝ちに行くデッキが有利になるわけで(全部勝つつもりだよって人は影響ないかもしれませんが(苦笑))デッキ構築に潜在的に与えている影響はあるはずです。

三国志大戦TCGで言えば、仮にスイスドローの大会となったとしてオポではなく城壁の残り枚数の合計を得点の次に見ます。というようなレギュレーションとなったっら、群雄(董卓)の使用率は下がるかもしれません。
群雄が強くなりすぎた場合のカードバランス以外でゲームバランスを取るような方法としても使えるかもしれませんよね?(もちろんカード同士でバランスとるのが一番とは思いますがひとつの例として)

バトルスピリッツでは相手のオポよりも残ライフ数を得点の次に見ている店舗が実際にあります。デッキ構築だけではなくプレイにも影響を与える可能性もあります。(対戦終了直前にひたすら回復するなどしてそれが原因で逆転負けするなど…さすがにそこまでの事態はあまりないですかね…)

言いたいことは、TCG自体にマッチしたレギュレーションをどう真剣に考えていくか?だと思っています。レギュレーションの設定次第ではTCG自体がつまらなくなる可能性も秘めていますし逆に言うとカードバランスやTCGの仕組み自体の不具合をフォローできる場合すらあると思っています。

TCGのゲーム自体の特性と、参加者が不満を感じない、且つ店舗負担の大きくないバランスのとれたレギュレーションを設けることがTCGの流行に大きく寄与するものと思うようになりました。逆に言うとこのあたりを考えていないカードゲームは廃れていってしまう危険性をはらんでいると言えるのではないでしょうか?

次回更新ではブシロードさんの今年の夏に提案された統一ルールについて少し触れてみたいと思っています。

ではでは…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ぽんたです。TCGに関するマニアックな内容になりますが読んでってください~

ぽんた

Author:ぽんた
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。